永代供養についての情報

永代供養とは、おもに仏教寺院がお墓を立ててくれた人や家に対して、たとえその家の人が墓参りをする人がいなくなったとしても、長年にわたりそのお墓の供養と管理といった面倒を見るという約束ごとのことです。
その起源は江戸時代にまで遡ると言われ、日本の寺院系のお墓のあり方として一般に根付いている形式のひとつです。

千葉の永代供養情報が満載です。

いわゆる檀家制度とも異なり、必ずしもお寺の維持のための持続的な関わりやおつとめも必要ないのも特徴です。



そのため、永代供養を選択する場合は、はじめにまとまった寄付を収めるのも普通です。

また、お寺との密接な関係も必要ではないため、お寺の近くに住んでいる人だけではなく、遠方の人でも永代供養を頼むことができるのも特徴です。

livedoorニュースを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

近年の日本にいては、核家族化の進行により、従来型の檀家方式のお墓を維持できないと見込む家や中高年の人が増えているため、新たに永代供養のお墓を選択する人が増えているといいます。

それも、中高年本人が自分のために選ぶこともあると言います。


必ずしもひとつの家や個人にひとつのお墓でなければできないわけではなく、複数の人や家のお墓を共同で祀る方式の永代供養もあります。そのような共同方式のメリットは費用面でもリーズナブルになるだけでなく、比較的規模の大きい共同墓の寺院や霊園ならば、将来の存続に対する不安も少ないとみられることもあります。

檀家方式のみで運営されている零細の寺院は存続が難しくなり、なくなってしまう場合もあるからです。